JR通勤定期券の割引もある

母子家庭や父子家庭になってしまった場合に、金銭的な支給を受けたり、さまざまな援助を受けられることがあります。
その内容は住まいのある自治体により異なりますが、JR通勤定期券の割引もそのひとつです。
こうした援助を受けるためには、まず母子家庭・父子家庭であり、そのために困窮の状態にあるということが認定される必要があります。
認定を受けるためには、決められた期間内に現在の収入や経済状況などを決められた書式に則って申告する必要があります。
その内容が審査され、困窮の状態にあることが認定されると、自治体から児童扶養手当が支給されるようになり、それと同時にさまざまな援助を受けられるようになりますが、そのひとつがJRの通勤定期券の割引なのです。
このほかにも医療費が無料になったり、水道の基本料金が無料になるなど、さまざまな援助が受けられますが、その内容は自治体ごとに異なっています。
こうした援助は両親のいずれかがいない子供たちが金銭的に困窮し、そのことが原因で健康を損なったり、学習する機会を奪われることがないようにとの配慮に基づいて行われているものです。決して偽装離婚などにより、困窮状態にあることを装っている人に対しての制度ではないことを忘れないでください。

コメントは受け付けていません。