医療費が無料になる!?

af9920061937m病院や医院などに通院した際には、当然のことながら治療費や薬代などを支払う必要がありますが、年齢や収入などが各地方自治体の定める条件に合致しており、また制度の対象として認められた場合には、医療費が無料になるという制度があります。
これは「医療費助成」と呼ばれている制度で、それぞれの地方自治体により、対象となる条件が定められています。
たとえばお子さんの医療費が無料になる場合は、お子さんの年齢に加えて、前年の保護者の収入なども加味された上で、医療費等が無料になる対象が定められていることがほとんどです。
また母子家庭・父子家庭を対象とした医療費が無料となる制度もありますが、この場合にはそれぞれの家庭の収入状態を元にして、医療費が無料になる対象が決定されています。
いずれの制度の場合でも、医療機関には保険証とは別に、特別な医療症を提出することで、窓口での支払いが免除されることになります。
こうした医療費が無料になるための条件は、それぞれの地方自治体により異なります。そのため転居したとたんに、無料となる対象から外れてしまうということも十分に起こり得ます。
収入が少ないために、医療機関にかかれないという状況を回避するために定められた制度であることを、ぜひ忘れないようにしたいものです。

コメントは受け付けていません。